らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ らんぼ~流イチ押しの厳選アイテムショップ
画像投稿掲示板
第8回城下町杵築散策とひいなめぐり (杵築市 2009.2.7 / 2.11)
第8回城下町杵築散策とひいなめぐり (写真は養徳寺の雛人形)
■ 1日目 (2009.2.7)
杵築市中心街

 2月7日土曜日。
 本日から杵築市で行われている『第8回城下町杵築散策とひいなめぐり』に母親を連れて行ってやろうと出かけることにした。
 らんぼ~流はあまりこうした人形に興味はないのだが、食わず嫌いばかりしていても仕方がない。付け焼刃ではあるが、WEBで雛人形の由来など予備知識を詰め込み、一路杵築市へ。
 途中、某隊長から連絡があり、翌日は急遽山に行く(→2009年2月記事)ことに。今週末もらんぼ~流の基本スタンスである引き篭もり生活はできそうにない(^^;
 目的地の杵築市には9時50分に到着。
 ひいなめぐりの初日は午前10時から「きつき衆楽観」で甘酒の振る舞いがあるのだ。
 会場の「きつき衆楽観」に着くと、普段お世話になっている杵築市の観光課の方が早々とイベントの準備をしていた。市役所の方に車を停めてもよいというので、ありがたくお言葉に従う。
 車椅子の母親を伴って、きつき衆楽観に戻り、まずは甘酒で体を温める。もちろん、飲む前にはノンアルコールであることを確認済みだ(^^
 きつき衆楽観は今年の元旦にオープンしたばかりの観光施設で通常昼夜2回芝居の公演がある。いつか機会があれば、観劇したいものだ。
 さて、以前、津波戸山の記事(→2008年11月記事)で言及したことがあるが、らんぼ~流は山屋である前にゲーマーである。したがって、やたらと完全制覇を目指したがる、いわゆるコンプリートへの欲求が人一倍強い。
 今回もスタンプラリーがあるというので、当然、目標はコンプリートなのだ(汗
 甘酒をいただいた後、パンフレットに記されたマップを頼りにひいなめぐりの会場をまわる。
 坂道の城下町と言われる杵築だけあって、さすがに車椅子ですべてをまわるのは難しいが、うちの母親は数分だけなら歩けるヒトなので何とかなるだろう。最悪、山屋の息子がボッカ訓練を兼ねておぶって歩けばよいだけの話だw
 まず、きつき衆楽観の中の雛人形を鑑賞。その後、土谷商店、清成燃料店、とまや・・・と市役所周辺のお店を順に訪ねた。母親は、午前中まわった会場の中では「養徳寺」が気に入ったらしく何度も感嘆の声をあげていた。
 昼食はきつき衆楽観の隣にある麺処「ことら」でとり天丼をいただいた。
 ここのとり天丼は去年より食べ歩いている『杵築ど~んと丼』のひとつである。
 ・・・こちらもいつかコンプしてやろう(汗
 昼食後、市の観光課の岡本さんのご実家である萬力屋を手始めに市内の東側を中心に巡る。
 午後のメインは杵築レトロ館だ。ここは雛人形もさることながら、昭和時代の懐かしいアイテムでいっぱいである。
 母親は往年のスターのプロマイドを肴に紅茶をいただき、相席した同世代の観光客の方と30分ほど昔話に花を咲かせていた。
 その後、萬力屋の奥さんから素晴らしい箱庭があると紹介された八娘(やっこ)を訪れ、初日のひいなめぐりを終えた。
 本日、まわることのできた会場は全部で17ヶ所。
 続きは4日後の建国記念日に再戦である(^^
「第8回城下町杵築散策とひいなめぐり」パンフレット
              ★            ★            ★

    「第8回城下町杵築散策とひいなめぐり」
        ・期間:平成21年2月7日(土)~3月8日(日)
        ・会場:大分県杵築市城下町一帯・山香地域
      画面右は『城下町杵築散策とひいなめぐり』のパンフレット。
      杵築市内のひいなめぐり各会場で配布されている。
      また、期間中は下記のようなイベントが行われている。

       ○ひいなめぐりスタンプラリー
       ○公共観光施設共通観覧券割引
       ○「きもの」散策IN杵築ひいなめぐり
       ○ひいな絵画展 他
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
杵築市役所 きつき衆楽観 雛人形 (きつき衆楽観)
杵築市役所 (9:50)
2Fの屋内駐車場に車をとめた。
きつき衆楽観 (9:55)
開催初日は甘酒が振舞われていた。
雛人形 (きつき衆楽観)
ひいなめぐり、スタート(^^
土谷商店 雛人形 (土谷商店) 清成燃料店
土谷商店 (10:15)
商工会女性部の飾る雛人形がある。
雛人形 (土谷商店)
ぶ、ぶさかわいい・・・(失礼w
清成燃料店 (10:20)
店内には古い写真も飾られている。
雛人形 (清成燃料店) 雛人形 (清成燃料店) お茶のとまや
雛人形 (清成燃料店)
250年前江戸期の享保雛だそうだ。
その妻。
端正なお顔である(^^
お茶のとまや (10:30)
杵築商家を代表するお茶の老舗だ。
雛人形 (お茶のとまや) 雛人形 (お茶のとまや) 貝合せ (お茶のとまや)
雛人形 (お茶のとまや)
昭和20年代の御殿雛。立派だ。
雛人形 (お茶のとまや)
こちらは江戸後期に作られたもの。
貝合せ (お茶のとまや)
貝覆いに使う貝殻。カルタのルーツだ。
雛人形 (お茶のとまや) いまでや 雛人形 (いまでや)
雛人形 (お茶のとまや)
人形の町で有名な岩槻の裃雛である。
いまでや (10:40)
手作りの和小物を販売している。
雛人形 (いまでや)
この雛には秘密が隠されているという。
神田米穀店 雛人形 (神田米穀店) 本金屋酒店
神田米穀店 (10:45)
大黒天の鏝絵が目印である。
雛人形 (神田米穀店)
立派な嵯峨雛だ。
本金屋酒店 (10:50)
地酒の品揃えは城下随一という老舗。
雛人形 (本金屋酒店) 昔のタバコの価格表 御菓子処 松山堂
雛人形 (本金屋酒店)
こちらもまた年代物の見事な雛だ。
昔のタバコの価格表。
ほとんど知らない銘柄である(^^;
御菓子処 松山堂 (10:55)
初日は綿飴の無料配布があった(^^
雛人形 (御菓子処 松山堂) 花工房 『彩』 雛飾りをモチーフにした手芸作品
雛人形 (御菓子処 松山堂)
ここでお土産にクッキーシューを購入(^^
花工房 『彩』 (11:00)
押し花や雛人形作りの体験もできる。
雛飾りをモチーフにした手芸作品。
絵画や人形が所狭しと並んでいた。
綾部味噌 雛人形 (綾部味噌) 養徳寺
綾部味噌 (11:05)
こちらも城下町では老舗中の老舗。
雛人形 (綾部味噌)
江戸後期の箱雛と屏風を展示。
養徳寺 (11:30)
会場の中でも特に人気のある場所だ。
雛人形 (養徳寺) 養徳寺の会場内 雛人形 (養徳寺)
雛人形 (養徳寺)
赤と黒の対比が何とも言えず格好よい。
養徳寺の会場内。たくさんの種類の雛人形が所狭しと並べられている。 貝殻を使った雛人形 (養徳寺)
シンプルだが趣味のよさが感じられる。
雛人形 (養徳寺) 雛人形 (養徳寺) 雛人形 (養徳寺)
こちらも養徳寺のもの。
小さなぼんぼりも可愛らしい。
同じく養徳寺のもの。
これらの手作り雛は販売もされている。
これも養徳寺の手作り雛。
表情が妙に気に入った(^^;
一松邸 雛人形 (一松邸) 中根邸
一松邸 (12:10)
ここでは雛の創作コンクールが開催中。
雛人形 (一松邸)
特別古いものではなさそうだが立派だ。
中根邸 (12:30)
邸内の雛は撮影が禁じられていた(^^;
きつき城下町資料館 麺処「ことら」 杵築ど~んと丼のひとつ、「とり天丼」
きつき城下町資料館 (12:40)
こちらも館内は撮影禁止。
麺処「ことら」で昼食 (13:25)
きつき衆楽観の横にある。
杵築ど~んと丼のひとつ、「とり天丼」。
お値段は手頃な800円也。
麺処「ことら」の店内 萬力屋 雛人形 (萬力屋)
麺処「ことら」の店内。
ここの壁にも雛が飾られていた(^^
萬力屋 (14:05)
明治・大正から昭和期までの雛を展示。
雛人形 (萬力屋)
人形の前には可愛らしい箱庭も。
萬力屋の店内 杵築レトロ館 雛人形 (杵築レトロ館)
萬力屋の店内。
手作りの和小物でいっぱいだ。
杵築レトロ館 (14:20)
昭和時代の懐かしい品々を多数展示。
雛人形 (杵築レトロ館)
幕末から昭和期の雛人形が一堂に。
杵築レトロ館内部 杵築レトロ館内部 杵築レトロ館内部
杵築レトロ館内部。
43年式の三菱ミニの前で記念撮影。
杵築レトロ館内部。
写真左のピアノは実際に演奏可能(^^
銀玉鉄砲、なつかしすぐるww
らんぼ~流のルーツのひとつである。
八娘 雛人形 (八娘) この日行った会場は全部で17ヶ所
八娘 (15:00)
古布・古布小物などが販売されている。
雛人形 (八娘)
見事な箱庭には本物の植物を使用。
写真は訪れた場所のパンフレットなど。一番左は期間中有効な共通入場券。
この日行った会場は全部で17ヶ所(^^v
-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■Canon(キヤノン) Powershot SX130IS■
山行の記録を残すのに便利なコンパクトデジカメ。芸術的な写真を求めるのでなければ、携帯しやすく使い勝手のよい廉価モデルで十分だ。手振れ補正や光学ズームの大小などカメラそのものの性能も高いにこしたことはないが、何よりも選択の決め手となるのは単3電池2本で駆動することである。
ご購入はこちらから >>>  

第8回城下町杵築散策とひいなめぐり (写真は磯矢邸の雛人形)
■ 2日目 (2009.2.11)
杵築市中心街、及び周辺地域

 2月11日、建国記念日。
 先週末から杵築市で開催されている『第8回城下町杵築散策とひいなめぐり』。
 本日は2回目の再戦である。
 先週の土曜日に市内の商人町と南台武家屋敷にある会場はまわり終えたので、今日は北台武家屋敷と山香町にある会場を中心にまわることにする。
 午前10時に杵築市に到着。
 まずは会場のひとつ「いわたや」からひいなめぐり開始。その後、日本一小さなお城で有名な杵築城、杵築ふるさと産業館・・・と順にまわる。
 車椅子の母親にはさすがに杵築城を行くのは無理だろうと思っていたが、途中、何度も腰を下ろして休み休み歩いているうちに、何と天守閣まで登ることができた。
 ただ歩めば至る、である(^^
 そのうちに12時になったが、昼食時のピーク時は避けたいので、そのまま本日の主目的地である磯矢邸と大原邸に突入。
 この2ヶ所は期待通りとても見応えがあった。雛人形もさることながら、気品のある庭園は一見の価値があろう。
 昼食は初日に続いて「杵築ど~んと丼」の提供店のひとつ『紙ふうせん』でアジアンかぼす丼をいただいた。
 食事を済ませた後は杵築市中心街最後の会場である「佐野家」へ。
 その後、山香町方面へと車を走らせ、残る3つの会場をまわってひいなめぐりを終えた。
 もちろん、スタンプラリーのスタンプはコンプリートである(^^v
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
いわたや 雛人形 (いわたや) 雛人形 (いわたや)
いわたや (10:10)
2日目はこの会場から行動開始。
雛人形 (いわたや)
この雛人形は通年飾られているそうだ。
雛人形 (いわたや)
こちらは期間中のみ展示とのこと。
杵築城 雛人形 (杵築城) 雛人形の他にも様々な文化財が展示されている
杵築城 (10:35)
日本一小さなお城である。
雛人形 (杵築城)
文化・文政期の伊藤家の雛人形。
雛人形の他にも様々な文化財が展示されている。
杵築城の天守閣から見た町並み 杵築城の天守閣から見た町並み 杵築ふるさと産業館
杵築城の天守閣から見た町並み。
方角は西。正面には南台武家屋敷。
こちらは南側の展望。
写真左、杵築大橋が見える。
杵築ふるさと産業館 (11:15)
ひなの国九州コーナーはこちら。
ふるさと産業館の店内 雛人形 (杵築ふるさと産業館1F) 雛人形 (杵築ふるさと産業館2F)
ふるさと産業館の店内。
いろいろな土産物が販売されている。
雛人形 (杵築ふるさと産業館1F)
写真右の階段から2Fに行けます。
雛人形 (杵築ふるさと産業館2F)
ここは市観光課の方々が飾ったという。
雛人形 (杵築ふるさと産業館2F) 雛人形 (杵築ふるさと産業館2F) 雛人形 (杵築ふるさと産業館2F)
雛人形 (杵築ふるさと産業館2F)
色々な手作りうさぎ雛が飾られている。
雛人形 (杵築ふるさと産業館2F)
焚き火で焼き芋をしている・・・w
雛人形 (杵築ふるさと産業館2F)
コンパクトにまとめられたうさぎ雛(^^
さの陶器店 雛人形 (さの陶器店) 磯矢邸
さの陶器店 (11:35)
県下でも有名な陶器のお店だ。
雛人形 (さの陶器店)
杵築で最も古い商家「岡野屋」の雛だ。
磯矢邸 (12:00)
ここは杵築藩の御用屋敷だったという。
磯矢邸 磯矢邸 雛人形 (磯矢邸)
屋敷の中から庭を楽しめるように計算されて作られているのがわかる。 庭内にある井戸もたいへん立派だ。
さて、雛人形のほうは・・・。
雛人形 (磯矢邸)
「斑鳩の春」と題された雛人形。
雛人形 (磯矢邸) 雛人形 (磯矢邸) 雛人形 (磯矢邸)
雛人形 (磯矢邸)
「皇華立雛」と書かれている。
雛人形 (磯矢邸)
こちらは二人の藤娘。
雛人形 (磯矢邸)
ここは今回、一番気に入った場所だ。
雛人形 (磯矢邸) 雛人形 (磯矢邸) 大原邸
雛人形 (磯矢邸)
人形のお茶会。・・・なごむ(^^
雛人形 (磯矢邸)
動物のぬいぐるみなど盛り沢山である。
大原邸 (12:35)
杵築藩家老を務めた大原家の屋敷だ。
大原邸 大原邸 雛人形 (大原邸)
まずはお庭から拝見(^^
教科書通りの模範的な造りだ。
まったくもって見事な庭園である。
池も立派だ。
雛人形 (大原邸)
品のよい箱庭と雛が出迎えてくれる。
雛人形 (大原邸) COFFEE&JAZZ 紙ふうせん 「アジアンかぼす丼」
雛人形 (大原邸)
ここでコンデジのバッテリーが切れる(汗
COFFEE&JAZZ 紙ふうせん (13:25)
今日はここで昼食をいただく。
注文は当然、杵築ど~んと丼。
こちらは「アジアンかぼす丼」(780円)。
佐野家 佐野家 雛人形 (佐野家)
佐野家 (14:15)
代々名医を輩出した医家である。
診察室。写真右の棚に整理して収められているのはいわゆるカルテだろうか。 雛人形 (佐野家)
さすがに名家の所蔵する雛という感じ。
雛人形 (佐野家) ギャラリーとーちき 雛人形 (ギャラリーとーちき)
雛人形 (佐野家)
こちらの雛もたいへん立派なものだ。
ギャラリーとーちき (14:40)
市街中心部から少し離れた場所にある。
雛人形 (ギャラリーとーちき)
こちらも由緒がありそうな雛人形だ。
雛人形 (ギャラリーとーちき) 雛人形 (ギャラリーとーちき) 山香若宮商店街会場
雛人形 (ギャラリーとーちき)
飾り方にもセンスのよさが感じられる。
雛人形 (ギャラリーとーちき)
小さな会場だがこの場所は必見だろう。
山香若宮商店街会場 (15:25)
ワンコにはこちらを向いてほしかった(汗
雛人形 (山香若宮商店街会場) 雛人形を求めて、商店街を歩く 商店街の中の一軒
雛人形 (山香若宮商店街会場)
ここの雛飾りもなかなか見応えがある。
雛人形を求めて、商店街を歩く。
人通りは少ない。
商店街の中の一軒。
いくつかの商店に雛が飾られている。
山香温泉 「風の郷」 雛人形 (山香温泉 「風の郷」) スタンプラリーもコンプリート(^^v
山香温泉 「風の郷」 (15:50)
さあ、最後のひいなめぐり会場だ。
雛人形 (山香温泉 「風の郷」)
人形の手にはここのパンフレットがw
2日目に訪れた場所のパンフレットなど。
スタンプラリーもコンプリート(^^v
-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■CASIO(カシオ) PROTREK(プロトレック)PRG-110CJ-1JF■
山では時を知ることは太陽を味方につけることと同義である。行動計画の管理、撤退やビバークのタイミングを決断するのに絶対に必要なアイテムだ。選ぶポイントとしては電池の交換で機密性が失われないようにタフソーラー駆動であること。あとは予算と相談だ。方角や高度計測などの機能がついた時計は持っていて楽しいが、そのあたりは別途ハンディGPSにまかせてもよい。
ご購入はこちらから >>>  

▲ ページトップへ戻る