らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ らんぼ~流イチ押しの厳選アイテムショップ
画像投稿掲示板
平成26年山香っ子自然体験塾登山同行(牧ノ戸峠~久住山 2014.7.21)
平成26年山香っ子自然体験塾登山同行(2014.7.21)  本記事制作中!
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
山香公民館御一行様到着 班毎に並んで、オリエンテーション 今回は100人近い規模になると聞き、坂本隊員と工藤隊員をサポートに呼んだ
山香公民館御一行様到着 (9:23)
今年の自然体験塾は久住山が舞台(^^
班毎に並んで、オリエンテーション。
ここでらんぼ~流の稚拙な挨拶(汗
今回は100人近い規模になると聞き、坂本隊員と工藤隊員をサポートに呼んだ。
出発 沓掛山の肩に到着 一方、子どもたちの方は元気一杯
出発。今回はひたすら隊列の先頭を歩くのがらんぼ~流の役目だ (9:37) 沓掛山の肩に到着 (9:56)
すでにバテている大人が・・・(^^;
一方、子どもたちの方は元気一杯。写真は沓掛山を進行方向に下ったところ。
扇ケ鼻分岐 途中、一瞬、ガスの切れ目から久住本峰が姿を現した 久住避難小屋前の広場
扇ケ鼻分岐 (11:18)
後ろではスタッフに脱落者が出た模様。
途中、一瞬、ガスの切れ目から久住本峰が姿を現した。
久住避難小屋前の広場 (12:04)
一般の児童はここで昼食休憩だ。
最後まで行くことを希望するジュニアリーダーを率いて久住山山頂へ 登頂の記念にコーヒーを振舞う 久住避難小屋前に戻り、記念撮影
最後まで行くことを希望するジュニアリーダーを率いて久住山山頂へ (12:34) 登頂の記念にコーヒーを振舞う。
・・・山のコーヒーはうまいだろ?w
久住避難小屋前に戻り、記念撮影。
この後、登頂組はここで昼食 (13:14)
最後の難所、沓掛山のハシゴ 牧ノ戸登山口に下山 解散後、ソフトクリームを食いながら、杵築市のバスを見送る山友会の面々
最後の難所、沓掛山のハシゴ。
・・・全員、無事に通過できた(^^
牧ノ戸登山口に下山 (15:08)
雨にも遭わず、快適な山行だった。
解散後、ソフトクリームを食いながら、杵築市のバスを見送る山友会の面々。
・・・もう一山、行っとく?w
-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■deuter(ドイター) フューチュラ32■
ザック背面の通気性にこだわりを持つことで知られるドイツのアウトドアメーカー、ドイターの代表的モデル。一般的な日帰り登山に必要十分な容量を持つ2気室の使いやすいデイパックである。レインカバーが内蔵されている点もポイントが高い。

ご購入はこちらから >>>  

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■CASIO(カシオ) PROTREK(プロトレック)PRG-110CJ-1JF■
山では時を知ることは太陽を味方につけることと同義である。行動計画の管理、撤退やビバークのタイミングを決断するのに絶対に必要なアイテムだ。選ぶポイ ントとしては電池の交換で機密性が失われないようにタフソーラー駆動であること。あとは予算と相談だ。方角や高度計測などの機能がついた時計は持っていて 楽しいが、そのあたりは別途ハンディGPSにまかせてもよい。
ご購入はこちらから >>>  

▲ ページトップへ戻る