らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ らんぼ~流イチ押しの厳選アイテムショップ
画像投稿掲示板
「オラショ巡礼の道」取材試歩(国東市、杵築市、日出町 2014.6.12-25)
国東・杵築・日出の2市1町にまたがる新ウォーキングコース「オラショ巡礼の道」のマップ制作を依頼された  本記事制作中!
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
ペトロ・カスイ岐部記念公園 まずは公園から出て右折 老人ホーム「くにみ苑」を通過
ペトロ・カスイ岐部記念公園 (13:05)
マップの初校とGPSを持って、いざ出発。
まずは公園から出て右折。コース公開時には路面サインが設置される予定だ。
老人ホーム「くにみ苑」を通過 (13:19)
目印となる建物をマップに記入していく。
オレンジロードと合流 岐部隧道を通過 永明寺に立ち寄る
オレンジロードと合流 (13:37)
車道なので、歩行には注意が必要。
岐部隧道を通過 (13:45)
トンネルや橋も立派な目印である。
永明寺に立ち寄る (14:16)
ここにはキリシタンの墓があるという。
永明寺から戻って櫛来橋を渡ると、途中に櫛来山城跡に入る間道がある 殉教童女のお墓 金丸地区へ進む。途中、山に入った場所に「INRI祭壇石」や「修道士像」がある
永明寺から戻って櫛来橋を渡ると、途中に櫛来山城跡に入る間道がある。 殉教童女のお墓 (14:35)
・・・何か、言葉が出ません。
金丸地区へ進む。途中、山に入った場所に「INRI祭壇石」や「修道士像」がある。
くにみ農産加工有限会社を通過 古櫛トンネルの左の道に入る 岩倉社に立ち寄る
くにみ農産加工有限会社を通過。この付近は後でコースが一部変更された。 古櫛トンネルの左の道に入る (15:23)
ここは海沿いの道を行く。
岩倉社に立ち寄る (15:33)
ここは「ケベス祭り」で有名な場所だ。
倉本商店を左に見る 出発地のペトロ・カスイ岐部記念公園に戻る。これは戻るのが、大変だ・・・ そこで2日目以降は自転車を使うことに。スタートは再び記念公園から
倉本商店を左に見る (15:51)
初日の取材はここで終了!
出発地のペトロ・カスイ岐部記念公園に戻る。これは戻るのが、大変だ・・・(汗
そこで2日目以降は自転車を使うことに。スタートは再び記念公園から (14:04)
前回、コース取材を中断した倉本商店からGPSのスイッチを入れる 取材2日目に入り、書き込みが増えたマップの初校 2本平行して架かる橋など、GPSで拾いにくい部分は写真で記録していく
前回、コース取材を中断した倉本商店からGPSのスイッチを入れる (14:07) 取材2日目に入り、書き込みが増えたマップの初校。・・・作業は順調だ(^^b 2本平行して架かる橋など、GPSで拾いにくい部分は写真で記録していく。
岐部神社 潮崎長瀬観音 小江橋を渡る
岐部神社 (14:13)
鳥居の向こうにお社が見える。
潮崎長瀬観音。他にも詳しく見たい場所が多いが、コース取りを優先 (14:31)
小江橋を渡る。この付近の海岸線は姫島が大きく見える展望スポット (14:43)
国東市立熊毛小学校を通過 花開トンネルを通過 長い坂道は自転車の方が辛い・・・(汗
国東市立熊毛小学校を通過 (15:02)
撮影中、構内からパトカーが出現(^^;
花開トンネルを通過 (15:17)
これからしばらく国道213号線を走る。
「はあはあ・・・」
長い坂道は自転車の方が辛い・・・(汗
来浦海水浴場 パシフィック・ブルーの入口 取材3日目。車で前回の中断地点まで自転車を運んでから取材再開
来浦海水浴場 (16:14)
キャンプ場も併設されているようだ。
パシフィック・ブルーの入口 (16:29)
2日目の取材はここまで!
取材3日目。車で前回の中断地点まで自転車を運んでから取材再開 (13:35)
パシフィック・ブルーの入口からは、国東半島サイクリングロードが延びている 金比羅岩 富来開運橋を渡る
パシフィック・ブルーの入口からは、国東半島サイクリングロードが延びている。 金比羅岩 (13:43)
波の侵食で昔より小さくなったそうだ。
富来開運橋を渡る (14:21)
この先も運が開けますように・・・。
また、2本の橋が並行して架かっている 国東こども園 スオーナダフェリー国東営業所
また、2本の橋が並行して架かっている。
・・・何の意味があるんだ?w
国東こども園 (14:57)
まだ、できたばかりの施設のようだ。
スオーナダフェリー国東営業所 (16:24)
現在は営業されていない。
国東港を通過 道の駅くにさき ソニー潮の香公園
国東港を通過 (15:04)
・・・のどかな港である(^^
道の駅くにさき (15:38)
コースはその手前から自転車道に入る。
ソニー潮の香公園 (15:48)
小さくまとまった明るい感じの公園だ。
武蔵港海浜公園 あとは空港まで国道に出たり、海岸線に沿って走ったり・・・ 空港展望公園
武蔵港海浜公園 (16:28)
営業中、よく休憩に使う場所・・・(^^;
あとは空港まで国道に出たり、海岸線に沿って走ったり・・・。 空港展望公園 (16:51)
3日目の取材はここで終了!
取材4日目。空港展望公園の駐車場に車を乗り付けてスタート 大分空港玄関前 トヨタ・レンタカーリース
取材4日目。空港展望公園の駐車場に車を乗り付けてスタート (12:32)
大分空港玄関前 (12:36)
ここを自転車で走るのは恥しかったw
トヨタ・レンタカーリース (12:51)
コースはこの先の路地を左折する。
アパートの横の路地を通る 安岐城跡 ピットインの手前で右側の旧道に入る
アパートの横の路地を通る。ここは正確な地図がないと判りづらいだろう。
安岐城跡 (12:59)
NHKの「軍師官兵衛」で微妙に注目(^^;
ピットインの手前で右側の旧道に入る。
もうすぐ国東市から脱出だ(^^
京製メック 杵築市に突入 リサイクルショップ
京製メック (13:25)
塩屋交差点の直近に位置する。
杵築市に突入 (13:27)
写真左の路地から海沿いの道に入る。
リサイクルショップ (13:35)
目立つので目印にはもってこいだw
狩宿海水浴場入口 奈多海岸遊歩道沿いのトイレ 美濃崎漁師市
狩宿海水浴場入口 (13:53)
ここから海岸の方へ入っていく。
奈多海岸遊歩道沿いのトイレ。
大きくて立派だ(^^
美濃崎漁師市 (14:10)
毎月第2、4土曜日に開かれている。
このあたり、目印がなくてわかりにくい。路面サインを設置する必要ありだ。 むう、計画図と合致しているが、何とも辺鄙な場所に出てきたぞ・・・ 突然、海に出た
このあたり、目印がなくてわかりにくい。路面サインを設置する必要ありだ。
むう、計画図と合致しているが、何とも辺鄙な場所に出てきたぞ・・・ (14:22)
―― 突然、海に出た (14:23)
うーむ、こいつは予想外の展開だなw
住吉浜リゾートパーク 魚市魚座 杵築市立護江小学校前
住吉浜リゾートパーク (14:25)
なるほど、こうきたか・・・。
魚市魚座 (14:38)
この時間も結構お客が入っていた。
杵築市立護江小学校前 (14:43)
ここは公開時にルート変更されました。
杵築大内簡易郵便局 孝高石の説明看板 孝高石
杵築大内簡易郵便局 (15:01)
ここも公開時にルート変更されました。
孝高石の説明看板 (15:10)
大河ドラマ「軍師官兵衛」で注目された。
孝高石。黒田官兵衛が木付城を視察した際、船をつなぎとめた石だという。
孝高橋 孝高橋を渡って、堤防沿いの道を行く 永代橋
孝高橋。
孝高石のすぐそばに架かっている。
孝高橋を渡って、堤防沿いの道を行く。
ここも公開時にルート変更されました。
永代橋。ルート公開時には、孝高石からピストンで引き返し、この橋を渡る。
ディスカバー・カフェ 杵築ふるさと産業館 勘定場の坂を登る
ディスカバー・カフェ (15:18)
ここのロコモコは結構うまい(^^
杵築ふるさと産業館 (15:35)
館内の観光案内所にスタンプがある。
勘定場の坂を登る (15:41)
・・・この石段、結構、しんどいな(汗
大原邸 酢屋の坂を下る 一松邸
大原邸 (15:44)
城下町杵築を代表する建築物だ。
酢屋の坂を下る (15:45)
・・・自転車は降りて押しましょう(^^b
一松邸 (15:52)
ここからの展望はすこぶるよい(^^
一松邸からの眺め 杵築市役所 空港展望公園まで帰還
一松邸からの眺め。
・・・杵築城がよく見える(^^
杵築市役所 (15:59)
4日目の取材はこれにて終了!
空港展望公園まで帰還 (17:39)
・・・オレンジロード、超しんどかった(汗
取材5日目。杵築市役所直近の公共駐車場に車を停め、取材開始 きつき衆楽観 杵築カトリック教会。この後もゴール地点の大分トラピスト修道院まで取材は続く・・・(^^;
取材5日目。杵築市役所直近の公共駐車場に車を停め、取材開始 (13:27)
きつき衆楽観 (13:32)
ほとんど毎日、お芝居の公演がある。
杵築カトリック教会 (13:36)
この後も日出町のホテル・ソラージュまで取材は続く・・・(^^;

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■Canon(キヤノン) Powershot SX130IS■
山行の記録を残すのに便利なコンパクトデジカメ。芸術的な写真を求めるのでなければ、携帯しやすく使い勝手のよい廉価モデルで十分だ。手振れ補正や光学 ズームの大小などカメラそのものの性能も高いにこしたことはないが、何よりも選択の決め手となるのは単3電池2本で駆動することである。
ご購入はこちらから >>>  

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■OAKLEY(オークリー) サングラス RADAR PATH ASIAN FIT■
「Technology Wrapped in Art」をメインコンセプトとし、「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか」をテーマに技術開発を続け、全世界で約600の特許を取得している世界屈指のアイウェアメーカーのサングラス。高価だが、実際に使うとその価値がわかる。

ご購入はこちらから >>>  

▲ ページトップへ戻る     
平尾台トレッキング (吹上峠駐車場~貫山~偽水晶山~茶ヶ床園地~吹上峠駐車場 2014.6.15)
平尾台の羊群原を2年ぶりに訪ねた・・・  本記事制作中!
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
別府湾サービスエリア 隊長車に同乗して平尾台へ 昼食用に「カルストまんじゅう」を購入すべく、千仏鍾乳洞に立ち寄る
別府湾サービスエリア (7:13)
ここで甲斐隊長と待ち合わせ(^^b
隊長車に同乗して平尾台へ (8:57)
・・・昼飯、買うとこないの?(汗
昼食用に「カルストまんじゅう」を購入すべく、千仏鍾乳洞に立ち寄る (9:00)
「結構、下まで降りるんだなあ」 せんぶつ茶屋 せっかくなので、案内図を激写
「結構、下まで降りるんだなあ」
「戻るの、だるいですよねえ・・・」
せんぶつ茶屋 (9:04)
カルストまんじゅう、売ってねえ・・・。
せっかくなので、案内図を激写。
今度来たときは洞内まで入ってみよう。
吹上峠駐車場に到着 行軍開始 ルート上にカルスト地形特有の石灰岩柱が出現。・・・平尾台らしくなってきた
吹上峠駐車場に到着 (9:25)
食料は隊長に分けていただく(^^;
行軍開始 (9:30)
それでは、行ってみますか・・・。
ルート上にカルスト地形特有の石灰岩柱が出現。・・・平尾台らしくなってきた(^^
四方台 貫山山頂に到着 前回同様、九州電力の無線中継所を目指す
四方台 (10:48)
視界の向こうに貫山が見えてきた。
貫山山頂に到着 (11:07)
短いが、単調でしんどい登りだった(^^;
前回同様(→2012年5月記事)、九州電力の無線中継所を目指す。
水晶山への分岐点 いざ、水晶山へ! 偽水晶山山頂
水晶山への分岐点 (11:39)
前回は見送ったが、今日は行くことに!
いざ、水晶山へ! 山頂が見えているから、自然とペースがあがっていくw
偽水晶山山頂 (11:55)
「・・・騙された。完全に騙された(涙」
そのまま、昼食タイムに突入 昼食後、再起動 広谷台
そのまま、昼食タイムに突入 (12:06)
・・・水晶山、登頂断念www
昼食後、再起動。
写真は平尾台無線中継所 (12:50)
広谷台 (13:02)
・・・見晴らしのよい場所だ。
広谷湿原 茶ヶ床園地で小休止する ドリーネの説明板に感心する甲斐隊長
広谷湿原 (13:30)
サギソウなどの希少植物が見られる。
雨粒が落ちてきたので、予定ルートを変更。茶ヶ床園地で小休止する (14:04) 「ほほ~、地底に通じる穴があるのか」
ドリーネの説明板に感心する甲斐隊長。
大きなドリーネ 吹上峠駐車場が見えてきた 吹上峠駐車場に帰還
大きなドリーネ。
不用意に踏み込むと危険である(^^b
吹上峠駐車場が見えてきた。
さて、もう少しだ。
吹上峠駐車場に帰還 (15:08)
ハプニングもあったが、とても充実したハイキングだった(^^v
-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■エアモンテ(AIRMONTE) アドベンチャーハット■
襟足の日焼けを完全に防止できる大型のハット。これをかぶっていれば、顔や首周りは日焼け止めを塗らなくても何とかなる。素材に使用されているSupplexナイロンは超撥水素材で、サイドにつけられたメッシュで蒸れないような工夫もされている。

ご購入はこちらから >>>  

▲ この記事のトップへ      ▲ ページトップへ戻る