らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ らんぼ~流イチ押しの厳選アイテムショップ
画像投稿掲示板
くじゅう雪中トレッキング(牧ノ戸~久住避難小屋 2013.12.21)
太郎隊員初の雪山トレッキング  何かと気忙しい師走のストレスを晴らすため、具体的な計画もないままに「週末、山に逃げてやる」と周囲に触れ回っていたら、もう1名、太郎隊員が「わしも逃げる」と話に乗ってきた。
 「じゃあ、どこに行きますかねえ・・・」
 いろいろ悩んだ結果、とにかく雪のあるところに行こうということに落ち着いた。
 行動記録には記していないが、この1、2ヶ月、国東半島峯道ロングトレイルのコース選定作業で、国東半島の山々を歩き回っている。
 もちろん、トレイルクラブの仲間である太郎隊員も一緒だ。
 場所を変えたところで、国東半島の山と同じような里山歩きでは気分転換にならない。
 さて、とりあえず雪のあるところに行くと決めたものの、なにぶん、太郎隊員にとっては初めての冬山登山である。
 となれば、コースはオーソドックスに牧ノ戸から久住山というあたりが無難だろう。
 
 ――山行当日。
 雪山装備は持っていないという太郎隊員に縦走用の10本爪のアイゼンを貸与。
 「他には何もいらんのかの?」
 「きちんとしたアウトドアメーカーの化繊の下着とゴアのカッパさえあれば、大きく天候が崩れない限りはまず大丈夫ですよ」
 真面目な太郎隊員、基本となる装備はもともと揃えて持っている。
 九州の雪山なら、それにアイゼンを加えれば十分に勝負ができる。
 さて、10時57分、牧ノ戸登山口を出発。
 「おお、すごいもんじゃの」
 前日はかなり吹雪いたようで、のっけから膝下まで雪に埋まる始末。
 これは山の上が楽しみだ。
 11時21分、沓掛山の肩に到着。
 雪が深いせいか、思った以上に時間がかかる。
 視界も不良で遠くの展望は望むべくもないが、雪山初体験の太郎隊員には周囲の雪景色だけで満足なようだ。
 「おお、霧氷ちゃあ美しいもんじゃの」
 12時18分、星生山との分岐を通過。
 「うーん、思ったよりペースが伸びないなあ」
 このペースでは久住の山頂に行って戻ると、下山時刻がかなり下がってしまうだろう。
 安全のためには、遅くとも16時くらいには下山したいところだ。
 そう考えながら歩いているうちに、久住山避難小屋に到着。
 時刻はすでに13時近い。
 本来ならここで昼食タイムとなるのだが、久住山まで行くとなるとゆっくりとメシを食っている時間はない。
 行動食を囓りながら、行軍を続ける必要がある。
 太郎隊員にその旨を伝え、ここで引き返すかどうかの希望を聞くと、登頂は次の機会に譲ってもよいという。
 12時47分、太郎隊員の賢明な判断のおかげで昼食タイム(^^
 今日のメニューは2人ともカップヌードルだ。
 山で食べるカップヌードルは旨いが、冬山だとその旨さはまた格別である。
 のんびりと昼食を楽しんだ後、13時39分、撤収開始。
 「うは、これはかなりキテますねえ・・・」
 来たときよりも風も雪も格段に強くなってきたので、予備のバラクラバを太郎隊員に貸す。
 何かで顔を保護しないと、顔に当たる雪が痛くてたまらない。
 「・・・眼鏡の内側が凍って、前が見えんがの」
 バラクラバのせいで、吐く息が直接レンズの内側に当たっているのだろう。
 まあ、これも経験だ。
 それでも扇ケ鼻への分岐を過ぎると、風の方はかなり落ち着いてきた。
 14時44分、沓掛山の山頂に到達。
 初めての冬山登山で山頂の記念写真がないのは何となく淋しい。
 往路ではスルーしたが、ここで太郎隊員初の冬山登頂の写真を撮影(^^;
 15時5分、牧ノ戸登山口に無事下山。
 残念ながら展望はなかったが、この時期にしては珍しくまとまった量の雪に恵まれたよい山行であった。
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
牧ノ戸駐車場に到着 行軍開始 沓掛山の手前にある東屋
牧ノ戸駐車場に到着 (10:31)
周囲はすでに白銀の世界(^^
行軍開始 (10:57)
太郎隊員、初の雪山チャレンジである。
沓掛山の手前にある東屋 (11:10)
雪が深いせいか、若干、ペースが遅い。
沓掛山の肩に到着 びっしりと付いた霧氷に満足の様子 星生山への分岐
沓掛山の肩に到着 (11:21)
ここから先はのんびり尾根歩きだ(^^
「おお、ええもんじゃのお・・・」
びっしりと付いた霧氷に満足の様子。
星生山への分岐 (12:18)
ガスで視界が悪くなってきた・・・。
久住山避難小屋に到着 避難小屋の中で一息つく太郎隊員 小屋入口から外界を見る
久住山避難小屋に到着 (12:47)
ここで昼食をとることに。
「すごかったのお・・・」
避難小屋の中で一息つく太郎隊員。
小屋入口から外界を見る。
ほとんどホワイトアウトしています(^^;
吹雪の中、カップヌードルをすする 小屋を撤収し、下山開始 「何も見えんがの・・・」
そのままちょっと小屋の外へ。
吹雪の中、カップヌードルをすするw
小屋を撤収し、下山開始 (13:39)
今回は登頂を見送ることにする(^^b
「何も見えんがの・・・」
あの~、メガネ、凍ってます(^^;
下山中、雪も舞い始めた 沓掛山山頂で記念写真 牧ノ戸駐車場に下山
下山中、雪も舞い始めた。
これからまだまだ積もるのだろう。
沓掛山山頂で記念写真 (14:44)
悪天候下での雪山初体験、十分な成果です(^^
牧ノ戸駐車場に下山 (15:05)
視界は悪かったが、良質の雪に恵まれたよいトレッキングであった。
-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■Canon(キヤノン) Powershot SX130IS■
山行の記録を残すのに便利なコンパクトデジカメ。芸術的な写真を求めるのでなければ、携帯しやすく使い勝手のよい廉価モデルで十分だ。手振れ補正や光学ズームの大小などカメラそのものの性能も高いにこしたことはないが、何よりも選択の決め手となるのは単3電池2本で駆動することである。
ご購入はこちらから >>>  

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■OAKLEY(オークリー) サングラス RADAR PATH ASIAN FIT■
「Technology Wrapped in Art」をメインコンセプトとし、「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか」をテーマに技術開発を続け、全世界で約600の特許を取得している世界屈指のアイウェアメーカーのサングラス。高価だが、実際に使うとその価値がわかる。

ご購入はこちらから >>>  

▲ ページトップへ戻る