らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ らんぼ~流イチ押しの厳選アイテムショップ
画像投稿掲示板
国東半島峯道ロングトレイル立ち上げの記録(4) 国東半島峯道ロングトレイル、加盟承認!(日本ロングトレイル協議会 2013.2.28)
国東半島峯道ロングトレイル、加盟承認!  昨年の11月末、日本ロングトレイル協議会事務局長の前川正彦氏を招いて特別セミナーを開講していただいたのを境として、僕を含め、設立準備委員会のメンバーのまわりが慌しくなっていった。
 国東の地に九州初のロングトレイルを作ろうという取り組みにマスコミが反応し始めたのだ。
 地元の大分合同新聞はもちろん、朝日新聞、毎日新聞といった全国紙にまでその動きが大きく取り上げられた。
 しかし、マスコミが大きく喧伝することによって国東半島峯道ロングトレイルの名前が独り歩きを始める一方で、地元への、特にコースを通す予定地の地権者への挨拶と理解をいただく動きは遅々として進まない。
 メンバー全員が本業の傍らで地道な活動を行おうというのだから、設立準備委員会の機動力は知れている。
 それでも、国東市をはじめ8つの市町村が加わる広域観光圏 ―― 豊の国千年ロマン観光圏が主催する『千年ロマン時空博』にロングトレイルのコースを使ったおもてなしプランで参加させていただいたり、予定コースのほぼ半分を有する豊後高田市への説明会を行ったり、準備委員会として出来る限りの広報活動を行う日々が続いた。
 そんな中、日本ロングトレイル協議会の前川氏より連絡が入る。
 理事会に諮った結果、国東半島峯道ロングトレイルの日本ロングトレイル協議会加盟が認められたというのだ――

■国東半島峯道ロングトレイル設立の取り組みが紹介された新聞記事
 >>> 朝日新聞の記事はこちら
 >>> 毎日新聞の記事はこちら
■そして、設立準備委員会を母体として、国東半島峯道トレイルクラブが立ち上がります。
 >>> その後の動きはこちら
■国東半島峯道ロングトレイル立ち上げの記録
 >>> 以前の動きはこちら
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
豊の国千年ロマン観光圏が主催する「千年ロマン時空博」にもロングトレイルを使ったおもてなしプランで参加することに。 取材を受けた後、旧千燈寺そばの展望所で千年ロマン時空博ガイドブックの制作スタッフと記念撮影 (2013.1.28) 豊後高田市でも国東半島峯道ロングトレイルの説明会を開く。会場は昭和の夢町三丁目館内の夢町小学校 (2013.2.8)
豊の国千年ロマン観光圏が主催する「千年ロマン時空博」にもロングトレイルを使ったおもてなしプランで参加。 取材を受けた後、旧千燈寺そばの展望所で千年ロマン時空博ガイドブックの制作スタッフと記念撮影 (2013.1.28) 豊後高田市でも国東半島峯道ロングトレイルの説明会を開く。会場は昭和の夢町三丁目館内の夢町小学校 (2013.2.8)
懐かしい雰囲気の教室内。教壇に立つのは、設立準備委員会の事務局長をつとめてくださっている太郎隊員(^^ そして、ついに日本ロングトレイル協議会の公式サイトに国東半島峯道ロングトレイルのバナーが貼られた (2013.2.28) 取り巻く動きも活発化。こちらはらんぼ~流も来賓で招かれた国東半島エコツアーガイド会の設立総会 (2013.3.22)
懐かしい雰囲気の教室内。教壇に立つのは、設立準備委員会の事務局長をつとめてくださっている太郎隊員(^^ そして、ついに日本ロングトレイル協議会の公式サイトに国東半島峯道ロングトレイルのバナーが貼られた (2013.2.28) 取り巻く動きも活発化。こちらはらんぼ~流も来賓で招かれた国東半島エコツアーガイド会の設立総会 (2013.3.22)
-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■deuter(ドイター) フューチュラ32■
ザック背面の通気性にこだわりを持つことで知られるドイツのアウトドアメーカー、ドイターの代表的モデル。一般的な日帰り登山に必要十分な容量を持つ2気室の使いやすいデイパックである。レインカバーが内蔵されている点もポイントが高い。

ご購入はこちらから >>>  

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■PRIMUS(プリムス) P-114ナノストーブ■
登山用ストーブの老舗プリムスの誇る世界最小クラスのガスバーナー。超小型ながら火力は必要十分な2300kcal/h、重量はわずかに64グラム(圧電点火装置部含む)という優れもの。中央のバーナーヘッドから垂直に吹き出る炎はソロ用クッカーを使った調理に最適だ。惜しむらくは圧電点火装置の着火性能がイマイチなので、別途ライターを必携しておくこと。
ご購入はこちらから >>>  

▲ ページトップへ戻る