らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ らんぼ~流イチ押しの厳選アイテムショップ
画像投稿掲示板
由布岳 (由布岳正面登山口~マタエ~由布岳東峰 2012.12.16)
由布岳マタエから見たくじゅうの山並み  ―― どこでもいいから、ちょっと足慣らしに行かないか。
 というわけで、最近出席率急上昇の矢上隊員と一緒にお手軽登山に出掛けることにした。
 目的地は由布岳。
 国東に居を構えているものの、矢上隊員のアジトは別府市にもあるので、由布・鶴見へのアクセスは容易なのだ。
 さて、当日の早朝、矢上隊員のアジトで待ち合わせ、午前9時前には由布岳正面登山口に到着。
 もう登り慣れた場所でもあるし、サクッと往復して、温泉でも入ろう。
 と、手早く準備をしていると、道路の方から何やら怪しい雄叫びが聞こえてくる。
 耳をそばだててみると、どうも道行く登山者に難癖をつけているらしい。
 (むう・・・こいつは関わり合いにはなりたくない類のヒトだなあ・・・)
 心の中でそう思いながら、目を合わせないようにして装備を調えていると、類のヒトが簡易水道から水を補給している矢上隊員に目を付けた。
 (ああ・・・これは助けに入らんといかんかなあ・・・)
 と、覚悟を決め、普通の山屋は所持していない ―― いわゆる、らんぼ~流装備の封印を解こうとしたタイミングで矢上隊員が無事に帰還(^^;
 しかし、類のヒトはそのまま簡易水道を破壊し始めた。
 「うーむ・・・山屋共有の財産を・・・」
 さすがに頭に来て、やはり、これは「眼前敵の完全沈黙までの間能力使用限定解除開始」(注1)ってやつかとも思ったが、トラブルに自ら関わるのは賢い選択とは言えない。
 「ま、ここは大人しく通報だなw」
 9時26分、類のヒトを横目で睨みながら行軍開始。
 直後、近くのブッシュに身を隠し、敵影を目視追尾しながら、国民の義務を実行に移した。
 『あー、事件ですか?事故ですか?』
 登山中に警察に電話するのはこれで2度目(1度目はこちら→2011年10月記事)なので、すでに要領はわかっているw
 「事件ですね・・・これは現在進行中、いわゆるing形の事件ってやつです」
 『は、はあ・・・』
 「 ―― むっ、犯人は目標を破壊し尽くし、県道を東に逃走を開始しました」(注2)
 『お、落ち着いてください! ―― で、そこはどちらですか?』
 「じ、事件は会議室で起きてるんじゃない! 由布岳登山口で起きてるんだ!」

  ―― というわけで、本題の山行の様子は続く写真記事でご覧ください(^^;

  • 注1)平野耕太原作のコミック『ヘルシング』の主人公アーカードの台詞のひとつ。
  • 注2)この後、逃げた犯人は県道を別府方面に歩いて下っているところを発見され逮捕されたと連絡があった。
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
行軍開始 「12月なのに、暑すぎっす・・・」 合野越展望所を通過
行軍開始 (9:26)
先行は着膨れしている矢上隊員。
「12月なのに、暑すぎっす・・・」
早々にダウンを脱ぎ捨て、行軍続行w
合野越展望所を通過 (10:16)
国民の義務の遂行に時間を浪費(^^;
「山岡さん、ダメっす、太りすぎっす」 マタエに到着 疲れた顔を隠すため、逆光で撮影
「山岡さん、ダメっす、太りすぎっす」
「こ、こいつ・・・」
マタエに到着 (11:28)
若い衆は余裕の表情・・・。
疲れた顔を隠すため、逆光で撮影。
雲海に浮かぶくじゅう連山が格好良い。
こちらは普通に順光で撮影(^^メ この時刻まで雲海が広がっているのは珍しい 由布岳東峰山頂
こちらは普通に順光で撮影(^^メ
国東半島は雲の下だ。
それにしてもよい景色だ。この時刻まで雲海が広がっているのは珍しい。 由布岳東峰山頂 (11:48)
最後は仲良く半逆光で撮影(^^b
昼食タイム 下山開始 正面登山口に下山
昼食タイム。コーヒー党の矢上隊員が魅せるこだわりのドリップw (11:59) 下山開始 (12:47)
写真はマタエから撮影したもの。
正面登山口に下山 (14:09)
この後、再び国民の義務を果すw
-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■deuter(ドイター) フューチュラ32■
ザック背面の通気性にこだわりを持つことで知られるドイツのアウトドアメーカー、ドイターの代表的モデル。一般的な日帰り登山に必要十分な容量を持つ2気室の使いやすいデイパックである。レインカバーが内蔵されている点もポイントが高い。

ご購入はこちらから >>>  

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■PRIMUS(プリムス) P-114ナノストーブ■
登山用ストーブの老舗プリムスの誇る世界最小クラスのガスバーナー。超小型ながら火力は必要十分な2300kcal/h、重量はわずかに64グラム(圧電点火装置部含む)という優れもの。中央のバーナーヘッドから垂直に吹き出る炎はソロ用クッカーを使った調理に最適だ。惜しむらくは圧電点火装置の着火性能がイマイチなので、別途ライターを必携しておくこと。
ご購入はこちらから >>>  

▲ ページトップへ戻る