らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ らんぼ~流イチ押しの厳選アイテムショップ
画像投稿掲示板
年度末につき忙殺中・・・ (2012.3)
ジョン・クラカワーの『荒野へ(INTO THE WILD)』  今月はどこにも行きませんでした・・・。
 やはり、年度末はそれなりに忙しい(^^;

 日々仕事のストレスに責め苛まれる中、空想の中だけでもフィールドを駆け回っていたいものだ。
 そう思って、以前から気になっていた本を手に取った。
 ジョン・クラカワーの著した『荒野へ(原題:INTO THE WILD)』というのがそれだ。
 この本は、恵まれた境遇に生まれながら、アラスカの荒野に単身分け入り、4ヶ月後に腐乱死体となって発見された一人の若者について、その生い立ちから亡くなるまでの軌跡をまとめたノンフィクションである。
 その若者 ―― クリス・マッカンドレスの死については、死体が発見された直後(1992年9月)からマスコミにセンセーショナルに取り上げられ、各方面で物議をかもした。
 文明を離れ荒野を目指す若者特有の衝動に共感する者もいたが、アラスカの自然の厳しさを見くびった軽挙妄動な振る舞いだと断ずる厳しい意見が大半を占めた。
 僕は立場はあくまでも前者だ。
 人は齢を重ねるにつれて、思慮深く、保守的になる生き物のようだが、これに関しては譲れない。
 自殺する気など毛頭ないが、いつか荒野を彷徨い力尽きて弊れて果てたい。
 僕の中でもそんな想いがチロチロと燠火のように燻っていたりする。

▲ ページトップへ戻る     

フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)