らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ らんぼ~流イチ押しの厳選アイテムショップ
画像投稿掲示板
伽藍岳・内山 (塚原~伽藍岳~伽藍岳西峰~内山~塚原 2012.2.12)
伽藍岳山頂から見た塚原越~内山の稜線  2月12日の日曜日、朝目覚めると窓の外がやたらと明るいことに気が付いた。
 「ああ、今日もいい天気なんだろうな・・・」
 窓を開けると、案の定、いつものように無為に休日を浪費するにはもったいないほどの天気だ。
 「しょうがねえなあ・・・」
 元来、引きこもりのらんぼ~流。
 本当はじめじめとした部屋の中で腐っていたいのだが、さすがにこの晴天を無視するのは後ろめたい気持ちになる。
 そんなわけでいつもの装備をザックの中に詰め込み、一路、国道10号を北に向かった。
 時刻はすでに9時を回っている。
 日の短い2月という時期を考えると、この時間からあまり遠出は出来ないが、できるなら雪のあるところを歩きたい。
 近場のお手軽コースでその条件を満たす山を脳内検索すると、個人的に思い出深い別府市の内山がヒットした。
 内山は別府ICのそばから大平山(扇山)経由で登るとかなり時間がかかるが、由布市にある塚原温泉から入れば往復で3時間程度の行程のはずだ。
 
 10時26分、塚原温泉手前の登山者用駐車場に到着。
 駐車場には5台ほど止められるスペースがある。
 10時32分、手早く準備をして、行軍開始。
 登り始めの登山道は採掘用車両が通る道と同じため、やたらと道幅が広い。
 地面も平らで快適である。
 途中、いくつか道が分かれている地点があるが、枝道に迷わされず塚原越を目指す。
 風情はないが、歩きやすい道を30分ばかり登っていると、道の左側に大きな岩が見えてくる。
 これが一刀塚で、源為朝がここに狩りに来た折に試し斬りをしたと伝えられる由緒ある岩だ。
 一刀塚を過ぎると、ほどなく、塚原越に到着する。
 ここで道は伽藍岳方面と内山方面に分岐している。
 また、すぐそばには明礬温泉方面に下る踏み分けもある。
 「さて、最初に未踏峰を攻めておきますか・・・」
 僕はまだ登ったことのない伽藍岳の山頂に足を向けた。
 しばらく登ると、幅員の広い登山道の終点にひときわ広いスペースが現れた。
 「おお、ここはいい場所だな・・・」
 広場からは別府の市街地や由布、鶴見の2峰の勇姿がよく見える。
 眺めもよいし、水さえ確保できれば、よいテン場になるだろう。
 さて、そこを過ぎると登山道は一気に狭くなる。
 「むう、ようやく登山の趣が出てきたな・・・」
 しかし、結構な傾斜はあるが、距離は短い。
 11時23分、あっさりと伽藍岳山頂に到着。
 記念撮影をした後、せっかくだからと西峰にも行ってみることに。
 しかし、これがひどいルートだった。
 冬枯れたカヤを掻き分けながらの道行きだ。
 「くそ、夏場なら、絶対に撤退だなw」
 そう、ぼやきながら、11時57分、伽藍岳西峰らしき場所に到着。
 残念ながら、山頂を示す目印はどこにも見当たらない。
 「むう・・・ここより高い場所はないよなあ」
 念のため、GPSで現在地を確認すると、間違いなく西峰の山頂にいることが判明。
 「よしよし、これで制覇と・・・」
 次は本命の内山だ。
 見ると、伽藍岳より230メートル標高の高い本命の頂上付近は真っ白に雪化粧をしている。
 抜けるような青空をバックに霧氷をカメラに収めるとしよう(^^
 12時31分、塚原越に戻り、そのまま、内山方面に突き進む。
 塚原越を過ぎてしばらくの間は比較的なだらかな尾根歩きが続く。
 しかし、それを越えると登山道は一気に傾斜を増していった。
 「うーん、これはアイゼンつけるかな」
 足下が滑って段差を乗り越える力が入らないのだ。
 僕は雪面に腰を下ろすと、ザックからアイゼンを取り出して装着した。
 「よしよし・・・」
 さすがは縦走歩行用の10本爪。
 途端に登りが楽になる。
 その後、傾斜はさらに激しさを増し、補助ロープが垂れ下がっている場所も出てくるが、凍ったロープに身体を預ける気にはならないので、アイゼンとストックだけで急登をクリア。
 「よし、難所を越えたな」
 ここから先はまたのんびりとした尾根歩きだ。
 14時ちょうど、扇山方面からの合流点に到着。
 ここまでくれば、山頂はもうすぐそこだ。
 14時4分、内山山頂に到着。
 昼食代わりのスニッカーズを食べてから、下山開始。
 塚原温泉の登山口に戻ったのは、15時45分だった。
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
塚原登山口 行軍開始 登山道の様子
塚原登山口 (10:26)
登山者用の駐車場が用意されている。
行軍開始 (10:32)
ここを登るのは初めてである。
登山道の様子。
登り始めは広くて歩きやすい(^^
途中何度か鉱山用道路との分岐があるが、道標に従っていれば迷うことはない 一刀塚 塚原越
途中何度か鉱山用道路との分岐があるが、道標に従っていれば迷うことはない。 一刀塚 (10:58)
源為朝が試し斬りした跡と伝えられる。
塚原越 (11:03)
まずは伽藍岳方面に向かう。
塚原越のすぐそばには明礬温泉に下るルートの入口もある 伽藍岳方面に進む途中、眺めのよい広々とした場所に出くわした ここなんか、最高のロケーションのテン場だろう(^^
塚原越のすぐそばには明礬温泉に下るルートの入口もある。 伽藍岳方面に進む途中、眺めのよい広々とした場所に出くわした。 ここなんか、最高のロケーションのテン場だろう(^^ いつか、泊まるかな・・・。
広場を過ぎると、道は突然狭くなる 山頂直下にある分岐点 伽藍岳山頂
広場を過ぎると、道は突然狭くなる。
まあ、これが普通の里山の道だw
山頂直下にある分岐点 (11:22)
左に曲がると、西峰に行くらしい。
伽藍岳山頂 (11:23)
遮蔽物がないので展望がよい。
伽藍岳山頂からの眺望 同じく、山頂からの眺望 次は西峰に向かう
伽藍岳山頂からの眺望。
日出町、杵築方面。
同じく、山頂からの眺望。
こちらは由布岳方面。
次は西峰に向かう (11:25)
冬枯れたカヤを掻き分けて進む。
途中の岩場からは塚原温泉や採掘場の素晴らしい眺めが楽しめる 伽藍岳西峰山頂に到着 伽藍岳西峰からの展望
途中の岩場からは塚原温泉や採掘場の素晴らしい眺めが楽しめる。 伽藍岳西峰山頂に到着 (11:57)
道標がないので、GPSで山頂を確認w
伽藍岳西峰からの展望。
こちらも本峰に劣らず眺めがよい。
塚原越に戻る 陽の当たらない尾根道にはまだかなりの雪が残っていた 登山道沿いに硫黄の噴気孔を発見
塚原越に戻る (12:31)
次は本命の内山に向かう。
陽の当たらない尾根道にはまだかなりの雪が残っていた。 登山道沿いに硫黄の噴気孔を発見。
手がかざすと十分に熱い(^^;
だんだんと斜面がきつくなっていく 急坂の核心部にはロープもある 急坂をクリアすると、山頂まで比較的なだらかな尾根道が続く
登山道の様子。
だんだんと斜面がきつくなっていく。
急坂の核心部にはロープもある。
凍って棒状になってますが・・・w
急坂をクリアすると、山頂まで比較的なだらかな尾根道が続く。
青空をバックに解けかけた霧氷を撮影 扇山ルートとの合流点 内山山頂に到着
青空をバックに解けかけた霧氷を撮影。
前日に来ていればよかった・・・。
扇山ルートとの合流点 (14:00)
・・・個人的に思い出深い場所だ(^^;
内山山頂に到着 (14:04)
陽当たりのよい山頂は雪がなかった。
内山山頂からの展望 塚原越 塚原登山口へ下山
内山山頂からの展望。
鶴見岳・鞍ノ戸がくっきりと見える。
塚原越 (15:22)
下りも結構きつかった(^^;
塚原登山口へ下山 (15:45)
晴天に恵まれた快適な山行だった(^^
-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) コンタクト ストラップ■
ブラックダイヤモンドのヒット作。気軽に携帯できる軽量コンパクトな10本刃モデルのクランポンで汎用性の高いストラップ式のためミッドソールの柔らかいブーツにも装着可能。ウェブの情報ではトレイルランニングシューズにつけている人もいるという。遮雪性、密閉性の高いABS(アンチスノープレート)を標準装備。

ご購入はこちらから >>>  

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■deuter(ドイター) フューチュラ32■
ザック背面の通気性にこだわりを持つことで知られるドイツのアウトドアメーカー、ドイターの代表的モデル。一般的な日帰り登山に必要十分な容量を持つ2気室の使いやすいデイパックである。レインカバーが内蔵されている点もポイントが高い。

ご購入はこちらから >>>  

▲ ページトップへ戻る