らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ らんぼ~流イチ押しの厳選アイテムショップ
画像投稿掲示板
国東半島トレッキング (両子寺~旧千灯寺跡 / 六所神社~長安寺 / 走水観音~両子寺 2011.4.29-5.1)
第40回仏の里国東半島山地一周トレッキング(H23.4.29-5.1)
■5月1日
走水観音~両子山頂~両子寺

 今春で40回の節目を迎える国東半島山地一周トレッキングも本日がラスト。
 最終日の今日は両子山郡境尾根コースを歩く。
 難解な一周トレッキングルートの中で、ある意味、最も一般登山に近いコースといえよう。
 今日のガイド役をつとめてくださるのは、元東大教授の林先生。
 あき'21を構成するメンバーの層の厚さを思い知らされる(^^;
 8時35分、2日目の宿泊先だった梅園の里から送迎バスで走水観音へ到着。
 予報では天気は回復に向かっているそうだが、昨夜激しく降った雨で地面はかなり緩くなっているだろう。
 そう覚悟して歩き始めたが、思いの外、足下の土はしっかりしている。
 「これはいいな・・・」
 僕は密かに安堵の息をついた。
 何しろ、今日の郡境尾根コースの後半にはトレッキングコース中、1、2を争う急坂が待っているのだ。
 9時12分、郡境尾根コースの入口である走水林道に合流。
 ここでルートは並石ダムに向かう道と両子山郡境尾根に向かう道の2つに分かれている。
 走水林道を北に向かい、しばらく歩くと、道の左側に郡境尾根への取付きがある。
 「おや・・・」
 僕は思わず声をあげた。
 この2月に一人でルートの取材に来たときにはなかった新しい道標が目立つ場所に新設されていた。
 これなら初見でも見逃すことはあるまい(^^
 その後、緩やかな尾根道をたどって少しずつ高度をあげていくと、やがて目の前が大きく開けた。
 9時53分、600メートルピークに到着。
 さて、このコース、ここから先がやっかいだ。
 今までとは一変して傾斜の激しい尾根道を3回ほど登り下りしなければならない。
 悪いことは重なるもので、さらにここに来て雨がぱらつき始めた。
 「あちゃー(^^;」
 まあ、ここまで来たからには引き返すわけにもいくまい。
 覚悟を決めて先に進むと、大パーティー故のスローペースのおかげだろうか、前回ほどきつくは感じなかった。
 他の参加者もそこまで息はあがってなさそうだ。
 ・・・さすがであるw
 10時52分、一般道に合流。
 続く、10時55分、両子山山頂に到着。
 少し早いが、ここで握り飯の弁当を食べ、記念写真を撮った後、下山開始。
 トレッキングコースの正規ルートはここから町境尾根を下って、お山めぐりコースに合流するのだが、らんぼ~流は前回痛い目を見ている(注1)ので、ちゃっかり一般登山道を下るグループに身を寄せたw
 11時51分、両子寺に下山。
 遅れること20分ほどで、町境尾根コースを下った本隊も下山。
 記念すべき第40回国東半島山地一周トレッキングが無事に幕を閉じた ――

  • 注1)2010年11月に行われた第39回国東半島一周トレッキングの際、ここを下る途中、見事に転倒&滑落した。詳しくは、峯道取材山行(その2)を参照のこと。(→該当記事
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
走水観音へ到着 走水林道にある分岐点 郡境尾根コースへの取付き
走水観音へ到着 (8:35)
最終日はここからスタートする。
走水林道にある分岐点 (8:54)
この分岐を北進して郡境尾根に向かう。
郡境尾根コースへの取付き (9:12)
目立つ場所に道標が新設されていたw
600メートルピークで小休止 起伏の激しい尾根道の途中に咲いていたヤブツバキの花 トンガリ山付近の尾根道からの眺望
600メートルピークで小休止 (9:53)
ここから先がしんどいのだ・・・。
起伏の激しい尾根道の途中に咲いていたヤブツバキの花。 トンガリ山付近の尾根道からの眺望。
生憎の曇天だがちょうどガスが切れた。
一般登山道に合流 両子山山頂 最終日の記念撮影
一般登山道に合流 (10:52)
激しい急登を終え、ほっと一息(^^b
両子山山頂 (10:55)
ここで少し早い昼食をとった。
最終日の記念撮影。
小雨の中、みんな、よい笑顔をしている。
両子寺へ下山 トレッキングセンターへ到着 トレッキングセンターの中ではあき'21の是松会長がぜんざいを作っていた
両子寺へ下山 (11:51)
らんぼ~流は一般舗装道を下りた(^^;
トレッキングセンターへ到着 (11:54)
町境尾根コースを下った本隊はまだ到着してないようだ。
トレッキングセンターの中ではあき'21の是松会長がぜんざいを作っていた。
毎度毎度、ありがとうございます(^^;
-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■モンベル(montbell) ストームクルーザー ジャケット■
国内アウトドア総合メーカー、モンベルが誇る全天候型のジャケット。防水性はもちろんのこと、動きやすさや着脱のしやすさなど、悪天候下でも快適に行動するための配慮がすみずみにまで行き届いている。ウインドブレーカーや防寒着としても活躍する汎用性の高いモデル。

ご購入はこちらから >>>  

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■モンベル(montbell) ストームクルーザー パンツ■
国内アウトドア総合メーカー、モンベルが誇る全天候型のパンツ。防水性はもちろんのこと、動きやすさや着脱のしやすさなど、悪天候下でも快適に行動するための配慮がすみずみにまで行き届いている。ウインドブレーカーや防寒着としても活躍する汎用性の高いモデル。

ご購入はこちらから >>>  

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■スノーピーク(snow peak) スノーピークアンブレラ UL■
風に弱い傘は基本的に登山では使いどころが難しいが、雨の日の林道歩きやキャンプ場などで威力を発揮する場合もある。こちらの製品は重量わずか135gという超軽量な小型折り畳み傘。収納サイズも22cmと小さく、ザックのサイドポケットなどに入れて持ち歩きやすい。

ご購入はこちらから >>>  

<< 第40回国東半島一周トレッキング(1)へ戻る      ▲ ページトップへ戻る