らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ インフォメーション
画像投稿掲示板
酷暑につき屋内退避中・・・ (2010.9)
端島(軍艦島)全景   ―― 残暑厳しい今年の夏。

 9月に入っても一向に衰える気配のない暑さのせいばかりではないだが、今月、山には登っていなかったりする。
 代わりにというわけではないけれど、縁あって、長崎の軍艦島に行ってきた。
 軍艦島は実はずっと前から気になっていた場所である。
 らんぼ~流精神に目覚めた高校の時にその存在を知ってからは、「いつか、あの廃墟の島に渡ってシティ・サバイバル訓練をしよう!」と人知れずバカなことを妄想したりしていたのだ。
 そんな軍艦島が観光客にも開放されたと知ったのはつい最近のことである。
 ついでにいうと、近い将来、世界遺産に登録されるかも知れないという。
 そうなると、さすがに深夜にカヤックを乗りつけて上陸するというわけにもいくまい。

 ・・・どうやら、らんぼ~流の密やかな夢は実現しないまま終わりそうであるw
(文・山岡隊員 、写真及び写真説明・山岡隊員)
長崎港ターミナル 軍艦島クルーズの乗船券売り場 軍艦島クルーズのチケット
長崎港ターミナル (8:04)
憧憬の地、軍艦島に向けて出発だ(^^
軍艦島クルーズの乗船券売り場。
上陸コースの料金は大人4300円。
軍艦島クルーズのチケット。
らんぼ~流は団体料金で搭乗した。
乗船開始 軍艦島が見えてきた ドルフィン桟橋
乗船開始 (8:44)
搭乗する船名はマルベージャ3号。
軍艦島が見えてきた (9:40)
波もあまり高くないので上陸できそうだ。
ドルフィン桟橋。
あの場所に船を接岸させる。
軍艦島に上陸 第1見学広場に集合 写真左上は島で一番高い場所にある3号棟。右奥は端島小中学校である。
軍艦島に上陸 (10:00)
これから先は見学通路を歩く。
第1見学広場に集合 (10:05)
係員の解説を聞きながら移動する。
写真左上は島で一番高い場所にある3号棟。右奥は端島小中学校である。
第2見学広場から。写真左に見えるレンガ造りの建物は総合事務所。 有名な30号棟アパート。日本最古の7階建て鉄筋コンクリートの建築物である。 軍艦島から離脱
第2見学広場から。写真左に見えるレンガ造りの建物は総合事務所。 有名な30号棟アパート。日本最古の7階建て鉄筋コンクリートの建築物である。 軍艦島から離脱 (10:58)
再訪することがあるだろうか・・・。
-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■エアモンテ(AIRMONTE) アドベンチャーハット■
襟足の日焼けを完全に防止できる大型のハット。これをかぶっていれば、顔や首周りは日焼け止めを塗らなくても何とかなる。素材に使用されているSupplexナイロンは超撥水素材で、サイドにつけられたメッシュで蒸れないような工夫もされている。

ご購入はこちらから >>>  

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■Canon(キヤノン) Powershot SX130IS■
山行の記録を残すのに便利なコンパクトデジカメ。芸術的な写真を求めるのでなければ、携帯しやすく使い勝手のよい廉価モデルで十分だ。手振れ補正や光学ズームの大小などカメラそのものの性能も高いにこしたことはないが、何よりも選択の決め手となるのは単3電池2本で駆動することである。
ご購入はこちらから >>>  

▲ ページトップへ戻る