らんぼ~流 山屋の視点
サイトマップ らんぼ~流イチ押しの厳選アイテムショップ
画像投稿掲示板
第3回ビバーク演習 (長者原~坊ガツル~長者原 2010.1.22-24)
今回、冬季ビバーク演習に持ち込む装備一式
■出撃当日(早朝)
大分市某所:引きこもりの部屋

 悪天候にもかかわらず、新年早々に強行した2度目の冬季ビバーク演習。
 第1回目の敗因であった「地面からの冷気対策」と「約12時間に及ぶ暇な時間対策」は新しく準備した装備の力で難なくクリアしたが、今度は足先の冷えが原因で眠れずに翌日の行動に支障をきたすという恥ずかしい経験をした。
 そして、その経験を通じ、ビバークとはすなわち眠ることという至極当然のことに気付くのだった。
 よって、今回の演習では快眠のために考えられる装備をすべて携行することにした。
 以下はその全装備のリストである。
 なお、前回の装備解説ページ同様、赤字は今回新しく導入した装備を示している。
  • 1. テント(北欧のテントメーカー、ヒルバーグ社のアクト。丈夫で軽く、「最強のソロ用テント」との異名を持つ)
  • 2. アクト用フットプリント(アクト専用に設計されたグラウンドシート。テントの底面にジャストサイズで使いやすい)
  • 3. フットウォーマー(前回の反省から導入。中に化繊綿が入っているのでとても暖かい。10年選手^^)
  • 4. レインウェア(命を守る重要なアイテム。山ではゴアテックス一択。ノースフェイス社製の10年選手^^)
  • 5. スタッフバッグ(自作のツエルト用グランドシートとMPIのオールウェザーブランケットが入っている)
  • 6. 座椅子(クレイジークリークのヘキサライト・オリジナルチェア。今回は下半身用のマットとしても使うつもりだ)
  • 7. 着替え(予備の中間着とアンダーウェア、靴下、手袋などをシリコンコーデュラのスタッフバックに詰め込んでいる)
  • 8. ツエルト(軽くて丈夫なファイントラックのツエルトII。今回は設営の練習をするために携行した)
  • 9. グローバルコミュニケーションバック(パシフィック・アウトドア社製の全天候型バック。中身は前回と一緒^^;)
  • 10. フライパン(チヌークの7.75インチ・ハードアノダイズド・フライパン。焦げ付きにくく、コンパクトに収納できる)
  • 11. テルモス(サーモスの山専ボトル。容量は500ミリリッター。一般のものと比較して保温効果が高い)
  • 12. ザックカバー(80リッターのザック用レインカバー。カバーが内蔵されていないザックを持つときは必須の装備)
  • 13. シュラフ用シーツ(ドイターのTCライナー。皮脂や汚れによるシュラフのダメージを軽減する)
  • 14. トイレットペーパー(本来の用途の他にいろいろ使えて便利。特に食器拭きとして重宝する)
  • 15. ソロ用クッカー(スノーピークのチタン製。中にプリムスのP-114ナノストーブと予備のガスボンベを入れている)
  • 16. シュラフカバー(現在は廃盤になっているモンベルのゴア製カバー。10年選手^^)
  • 17. シュラフ(ナンガのポーリッシュバック280DX。軽量・コンパクトな夏用のダウンシュラフである)
  • 18. マット(世界最軽量と言われるモンベルのU.L.コンフォートシステムパッド。携帯性を重視した90センチモデル)
  • 19. ガス・カートリッジ(プリムスのUガス。厳冬期・高所専用のガスで20℃以上の環境では使用不可)
  • 20. ビニール袋(大型のゴミ袋やチャック式のジップロックなど数種類を用意。袋としての用途以外にも使用できる)
  • 21. 使い捨てカイロ(前回の反省から導入。数量は4個。安価なアイテムだが、あるとないとでは大違い)
  • 22. ファーストエイドキット(各種医薬品の他、予備の靴紐、スパッツの替えゴム、アルミシート、マッチ、針金などを収納)
  • 23. 財布(中身はもちろん現金。エスケープルートを使って下山した場合のタクシー代などに必要となる)
  • 24. ペン&メモ帳(濡れた紙でも書けるノック加圧式のボールペン。メモ帳はBEPALブランドのフィールド手帳)
  • 25. 細引き(6ミリ径のザイル。この細さでも成人の体重を支えることができる。長さはちょいと短い10メートル)
  • 26. ランタン(GENTOSの暖色LEDランタン EX-757MS。単三電池を4個使用。エネループに正式対応した新製品である)
  • 27. サブランタン(GENTOSのLEDミニランタン LT-01CR。単2電池ほどの大きさの小型ランタン。電池はCR2032を2個使用)
  • 28. ヘッドライト(ブラック・ダイヤモンド社製のメインのヘッドライト。夜間、行動するための必須アイテム)
  • 29. エアーピロー(コンパクトな携帯枕。空気を入れると、通常の枕並みに大きくなるすぐれもの)
  • 30. スキットル(ステンレス製で容量は8オンス。夜の友として手放せないアイテム。今回の中身はアーリータイムス)
  • 31. カトラリー(フォークとスプーンのセット。スノーピークのチタン製)
  • 32. ナイフ(ガーバーのパラフレーム。切れ味はイマイチだが、それなりに軽く使いやすい)
  • 33. 腕時計(カシオのプロトレック。タフソーラー駆動のトリプルセンサーモデル)
  • 34. まな板(貝印のカッティングボード。3ミリほどの厚さで適度な柔軟性を持つため、パッキングしやすい)
写真1:カリマーの大型ザック(写真右)といつものドイター(写真左)。
写真2:カリマーのザックのロゴ。
写真3:今回持参した食料。  これらをすべてザックの中にパッキングするわけだが、普段使っているドイターの32リッターのザックにはさすがにこれだけの量の装備は収納しきれない。
 そこで滅多に使わない(本HPに収録した行動記録では唯一2007年に行った大崩山山行に使用した→2007年8月記事)カリマーの80リッターのザックを起用することにした。
 こいつは10年以上前、実家のある佐伯市にあったアウティングというアウトドアショップの仲間と屋久島に行くために購入したものだ。
 そのアウトドアショップの店長が良い品だと太鼓判を押していただけに10年以上経った今でもザックの生地に施されたコーティングなど全く劣化していない(注1)。
 流行の軽量ザックに較べると、ザック本体だけでも数㎏と重量があるのでついつい敬遠したくなるのだが、頑強さだけは折り紙つきの代物なのだ。

 さて、カリマーのザックの中にテントとシュラフの他幾つかの防寒装備を詰め込んでみたが、まだまだ容量に余裕がある。
 そこでこのザックを使う間はいつもより少しばかり食事に凝ってみることにした。
 普段の山行ではカロリーメイトとかゼリー飲料などの味気ない食料で済ませているらんぼ~流だが、単純にできるだけ軽量で嵩張らない食料を選択しているだけで、それ以外の理由から好んでストイックな食生活を過ごしているわけではない。
 「よし、ここは袋ラーメンとか焼きそばとか餅とかウィンナーとか、とにかくいろいろ持って行ってみるとするか ――
 ついでにネットで面白そうな食材を探していると、乾燥野菜という商品を見つけた。
 ネットの口コミによると、水で戻すとまるで生の野菜のようにしゃきしゃきの食感がして、たいそう美味しいらしい。
 「うむむ、こいつはラーメンの具として外せないな・・・」
 僕はそう即断すると、『乾燥野菜ミックス』と書かれた購入ボタンをポチって、貯まっていた楽天ポイントを放出した(汗
 さらに登山の食料に関するいろいろなサイト記事を参考にして、興味のわいた食材をネットショップで買い漁っていく。
 曰く、まるで生の果実のようにジューシーなドライマンゴー。
 曰く、最強の行動食、ザバスのエナジータブ。
 曰く、専用のバナナを使ったあまりにも美味しいバナナチップス。
 曰く、普通の炊飯器で炊ける無洗米の玄米(あきたこまち)。
 そのうちの幾つかはこの演習に間に合わなかったので、次回以降のビバーク演習で紹介することにしよう。

  • 注1)ザックの生地の裏側によく使われているポリウレタンコーティングのうち、ポリエステル系ウレタンゴムを使用したものは強度や耐熱性、コストパフォーマンス等に優れるが、加水分解など経年劣化が激しく、多くの場合5年程度で寿命を迎える。ちなみにポリエーテル系のウレタンゴムを使用したものは強度等いくぶん劣る面もあるが、経年劣化による品質の低下は起こりにくいとされている。
icon -らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■HILLEBERG(ヒルバーグ) アクト■
「最強のソロテント」の異名を持つスウェーデン製の天幕。4シーズンに対応するダブルウォールタイプでありながら、重量わずか1.24㎏と軽量で、なおかつ、居住スペース・前室ともに十分な広さを確保されている。また、素材は紫外線による劣化が少なく、引き裂き強度12kgを誇るKerlon1200が使われ、耐久性能もずば抜けている。

ご購入はこちらから >>>  
■HILLEBERG(ヒルバーグ) アクト専用 フットプリント■
アクト専用のフットプリント(テント底面を全て覆うグランドシート)。テント底面を保護すると同時に、前室まで広くカバーするので荷物の整理が楽になりテント内の生活空間が広がったように感じる。


icon -らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■CRAZY CREEK(クレイジークリーク) ヘクサライトオリジナルチェア■
クレージークリークといえば、丸めて携帯できるこの座椅子。特にこのヘクサライトシリーズはより軽量コンパクトに携帯できるように素材から開発されたモデルである。本来の用途の他にスリーピングマットとしても利用でき、らんぼ~流はよくモンベルのU.L.コンフォートシステムパッド90と組み合わせたりして使っている。

ご購入はこちらから >>>  

-らんぼ~流イチ押しの厳選アイテム-
■GENTOS(ジェントス) エクスプローラー EX-757MS■
エネループに完全対応したLEDランタン。暖色LEDを使用しているので目に優しく雰囲気もよい。また、光量も十分で、夜間、テントの中で読書をして過ごすには大変重宝する。反面、単3電池4本必要なこととそれなりに電池の消耗が激しいので、長期の山行に持って行くのにはあまり向いていない。
ご購入はこちらから >>>  

>> 第3回冬季ビバーク演習本記事に戻る      ▲ ページトップへ戻る